ドラクエ1、2のセーブ機能として使用されていた「復活の呪文」がドラクエ11で復活しました。

30代半ば~40代半ばの方でしたら懐かしむと思いますが、その他の世代の方は復帰の呪文ってなに?

と、なりますよね。

今回は復活の呪文に関すること全てを解説していきます。



復活の呪文とは?セーブの場所は教会

ドラゴンクエストというゲームをプレイされている方にとって知らない人はいないであろう、「復活の呪文」システム。

これは、今で言うところのセーブ機能にあたります。

昔のファミコン等、今のようにゲーム容量が大容量ではなかった時代、メモリーカード等もありませんでした。

このような状況でゲーム状況を記録するため、初代ドラゴンクエストから末永く採用されているシステムが「復活の呪文」です。

これは、複数のひらがなの並びから出来る文章(初代ドラクエでは20文字、2では52文字)によってセーブデータを記憶するというもので、プレイヤーは、次にゲームを開始する際に、このひらがなの文章を入力することによって、前回の続きからゲームをプレイすることができました。

セーブの仕方は教会に行くと、復活の呪文を教えてもらえます。

ドラクエ3からは冒険の書が出現

また、ドラクエ3からは冒険の書と言われる、セーブデータを記録出来るシステムが搭載されました。

「おきのどくですが ぼうけんのしょ1ばんは きえてしまいました。」

この文章をトラウマのように覚えている人も、中にはいるのではないでしょうか?

ドラゴンクエスト11は冒険の書&復活の呪文

今作のドラクエ11では、上記の冒険の書、復活の呪文の両方が採用されています。

冒険の書はそのままセーブデータを記録し、次回はそのセーブデータをロードするだけで済んでしまいます。

一方、復活の呪文は、ひらがなの文章をメモし、次回スタート時に打ち込む必要があります。

「冒険の書があるなら、復活の呪文は使わないのでは?」と思われるユーザーの方もいるかと思います。

しかし今作では冒険の書の内容を、復活の呪文に置き換える機能があることにより、様々な使い道が模索されています!

そこで、現在判明している、復活の呪文の「意外な使い方」について解説していきます

PS4版と3DS、さらにはスイッチでいつでも快適にプレイを続行!?

今作では、PS4と3DS、2つのプラットフォームからの発売となっていますが、実は、復活の呪文を活用することで、一つのセーブデータで二つのハードを使い分けることが出来ます。

※スイッチ版は後発の予定です。

例えば、休日はPS4を使い、家でまったり大画面で迫力あるゲームシーンを楽しみ、平日の出勤時の電車移動時間や出張先でのプライベートタイムなどといった外出先では、復活の呪文を使って3DSにセーブデータを移行してゲームの続きをいつでもどこでも楽しめる、といった使い方が出来ます。

また、よくありがちなのが、家族でテレビの奪い合いが勃発し、せっかくいいところまで進めたのに、譲らないといけなった場合でも、3DSなら自分の好きな時に、好きなだけ楽しむことができるため問題解決します。

しかし、この使い道はあくまで活用手段の一つでしかありません。

他にも今作ならではの使い道が幾つか存在しますので、そちらを紹介していきます。

復活の呪文は時を越える!?互換性がなせる技

今作の復活の呪文は、なんと、過去のドラゴンクエストシリーズにも利用可能で、なおかつ、過去のドラゴンクエストシリーズに登場した復活の呪文が、今作にも利用可能となっています。

もし、自宅に過去のドラゴンクエストシリーズが眠っているという方がいましたら、今作で育てたキャラクターで、昔懐かしの初代ドラクエや、ドラクエ2をもう一度楽しんでみるのも新しい楽しみかたですね。

また、子供の頃にプレイしていたドラクエの復活の呪文を覚えている、記録に残しているといった方がいれば、それを今作に用いることで、ある程度主人公が育った状態からプレイが可能です!



強くてニューゲームならぬ、強くて新世界!

強い状態で始めればサクサクプレイでき、周りの人より有利にゲームが進められます。

ただし、一つ気をつけるべき点があります。

過去の復活の呪文をドラクエ11へ、また、ドラクエ11のデータをドラクエ1、2へ移して楽しもうとした場合、ある程度復元内容に制限がかかってしまうということです

前述したとおり、昔のゲームでは容量に限界があるので、どうしても、全てのゲームデータを完全に復元することは難しいようです。

今のところ、主人公の名前やゲーム進行状況等は引き継がれますが、装備品や所持金などは、「ここまでストーリーが進んでいるなら、これくらいは持っているであろう」といった具合で一定の数値を振り分けられるのではないかと言われています。

さすがに完全に最強な状態では引き継げないというのは少し残念ではありますね。

「復活の呪文」教えます!

ここまでで、復活の呪文を活かした様々なプレイについて考えてきましたが、そもそも昔の復活の呪文なんて覚えてないし残ってない方がほとんどですよね。

そこでドラクエ1、2が流行っていた当時、とても有名だった復活の呪文を幾つか紹介します!

ドラクエ1

ほりいゆ うじえに つくす どらごく えすと だよ


レベル25で、勇者の名前は「おっ゚て」という発音不能な名前でゲーム出来ます。

おそらく一番有名な呪文ではないかと思います。

ざざゆせ はひせむ ださお くされめ だでづ せさ


レベルは最強の30で、勇者の名前は「かかすひ」。

レベル30の強さを味わいたい時におすすめです。

ドラクエ2


ドラクエ2で一番有名な呪文と言えばこちら、

ゆうていみやおうきむこうほりいゆうじとりやまあきらぺぺぺぺ

Lv48からスタートでき、ローレシア王子の名前が「もょもと」。

ドラクエ2はかなり難易度が高かったため、クリア出来なかった小学生が学校で友達との話についていくための常套手段としてこの呪文を使いクリアした、なんてことも。

復活の呪文に懐かしさを感じた方がいるかもしれませんね。

古くからドラクエをプレイしている方にとってはとても懐かしい復活の呪文システムを搭載したドラクエ11。
 
プレイヤーのアイデアで、このシステムを有効活用しながら、快適なドラクエライフをお過ごし下さい!