ドラクエ11の発売日が7月29日に決定し、ネット上ではファンの間で期待を帯びた声が飛び交い、様々な情報交換が行われています。

発売前にこういった推察をし合うのも最近のゲーム業界では楽しみの一つとして認知され始めていますが、発売日が近付くに連れて公式から新たな情報や映像が公開されていくと思います。

今回は、これまでに発表された情報や映像から分かる中から、主人公とその仲間たち、パーティの情報について紹介していこうと思います。



穏やかな青年「主人公(イレブン)

dragon-quest-11-occupation1

まずは今作の主人公で公式映像などではイレブンという名前になっていますが、ゲームプレイ時に自由な名前に変更できると思われます。

主人公の職業は「勇者」

公式映像内で主人公は勇者の生まれ変わりだと言われるシーンがあることから、職業も勇者ということで確定でしょう。

主人公の職業といえば勇者、というイメージが私の中では強いのですがドラクエシリーズで勇者主人公は4以来だということで、相当久しぶりの存在のようです。

また、主人公の左手の甲に紋章のようなものがあり、ゲーム中に『ロトの剣』が登場することも判明しておりロトシリーズと深い関わりを匂わせています。

使用可能な特技など

既にPVや実機映像の中で「はやぶさ斬り」と「デイン」が披露されており、勇者本来の剣と呪文を駆使した王道の戦い方になっていくと考えられます。

今までの作品での勇者は、ギガスラッシュやギガデインなどの雷を使ったド派手な特技が特徴的で、今作の主人公も同様の技を魅せてくると推察されます。

また、PVの中で仲間の力を主人公に集めて奥義を放つような映像が見られることから、そういった協力技を主人公は使えるのかもしれません。

※仲間の力を主人公に集めて奥義を放つような映像ですが、これが「れんけい」というのが新たに判明しました。

頼れる相棒「カミュ」

dragon-quest-11-occupation2

ストーリーで最初に仲間になるのはこのカミュです。

喋り口調は若者風で荒っぽい印象を受けますが、自分を助けてくれた村の人にはしっかりとお礼を忘れないなどの律儀な面も見せており、義理や人情に厚いキャラのようです。

青髪や服装の雰囲気などが、ドラクエ6の主人公と似ていることから、その関係性に関する考察などがネット上では盛んに飛び交っているようです。

カミュの職業は「盗賊」

盗賊職のカミュは、公式映像の中で両手に短剣を持って戦っている姿があり、二刀流での戦闘スタイルとなりそうです。

また、ブーメランを扱っている姿も見られる事から多様な武器を扱えるキャラになることが推察され、器用で小回りのきいた戦い方が出来る事が推察されます。

使用可能な特技など

特徴的なのは「ぶんしん」の技で、カミュの姿が3人に増えてその分攻撃力が加算されるという特技です。

ぶんしんは、過去シリーズでも強力で人気だった技で、敏捷性の高そうな盗賊のイメージにピッタリだと思います。

また、ブーメランを持った時には「デュアルブレイカー」の特技が放つ事が出来、両手に持ったブーメランをそれぞれ2回ずつ投擲して敵を攻撃するというこちらも強力な技になっています。

どちらもテクニカルで特徴的な技であり、短剣とブーメランで使える技に変化があることからも、多彩で飽きない戦闘が期待できそうです。

のんびり屋の癒し手「セーニャ」

dragon-quest-11-occupation3

育ちの良さを思わせる気品のある口調で、とてもおっとりとした性格の女性キャラクターです。

デザイン画やイベントムービーの中でハープを持ち演奏している姿が見られたので、「楽器を使った戦闘スタイル」という独特なキャラクターかと言われていましたが、戦闘画面の時にはしっかり盾と杖のようなものを持っていますね。

セーニャの職業は「僧侶?」

「回復呪文でみなさまのお手伝いをしますわ」というセーニャのセリフから、回復呪文や味方の強化などをメインとする僧侶だと考えられます。

冒険の中では長く宿屋に戻れない時などもあるので、回復を得意とするセーニャはパーティのサポートとして活躍してくれそうです。

使用可能な特技など

セーニャは映像の中で、復活系呪文である「天使の衣」を唱えている姿があり、また回復呪文を得意とすることから「ホイミ」系統の技が使用可能だと考えられます。

怖いもの知らずの天才少女「ベロニカ」

dragon-quest-11-occupation4

「子供扱いしないでよね!」というセリフの反面、明らかに子供です。

赤いずきんを被り非常に可愛らしいキャラクターですが、戦闘においての実力は相当なものです。

ベロニカの職業は「魔法使い?」

PVの中では魔法を唱えている姿が確認されていますし、「天才少女」の冠から察するに若き天才魔法使い、といった役回りだと思います。

魔法使いは耐久が脆い反面、高火力で敵を一掃する事が出来る職業なので、戦闘時には頼れる存在になりそうです。

使用可能な特技など

PVの中で唱えていた魔法は「メラゾーマ」という炎系最強の魔法でした。

また、実機映像では「マヒャド」という氷系最強呪文も唱えていることから、強力な攻撃呪文をいくつも操るようなキャラクターのようです。

夢見る旅芸人「シルビア」

dragon-quest-11-occupation5

男性キャラクターですが、女性的な身振りや口調を見せるキャラクターです。

服装や髪型などが過去作に登場するドルマゲスというキャラクターに似ていることから、何か関係性があると考察されています。(ドルマゲスも女性的な素振りのあるキャラクターだったそうです)

シルビアの職業は「旅芸人」

二つ名でも冠している通り、職業は旅芸人になると考えられます。

映像の中ではレイピアのような細剣を持って戦っている姿があり、威力よりも速度などを重視した技巧派のキャラだと考えられます。

使用可能な特技など

「ア モーレ!」と独特のセリフを言いながら的にハートマークをぶつける映像があることから、ドラクエ8に存在した「セクシービーム」の類似技だと思われます。

また、実機映像ではピンク色の竜巻を放つシーンも確認されていて、こちらも「ピンクタイフーン」というドラクエ8に存在した技と同じだと推察できます。

どちらもドラクエ8ではゼシカが得意とした技だったので、シルビアはゼシカと似たような特技を使用するキャラクターだと考えられます。

謎の老人「ロウ」

dragon-quest-11-occupation6

「おぬしらが来るのを待っておったぞ」と語るロウですが、セリフから推察されるに世界の情勢に詳しく主人公達が置かれている状況等を理解している考え深いキャラクターだと思われます。

商人のような服装をしていますが、映像内にロウそっくりの王様が登場している事から今の姿は世を忍ぶ仮の姿なのかも知れません。

ロウの職業は「商人?」

公式映像の中ではツメを装備して戦っている姿があり、ツメは武闘家の代名詞の武器なため武闘家であると多くのファン達が考えています。

ただ、武闘家の職業は後述するマルティナが既に存在しているため、その格好から商人の職業である可能性もあります。

しかし、「商人」だった場合にはそれをどう戦闘に活かしてくれるか想像がつかず、非常に楽しみなキャラクターとなっています。

使用可能な特技など

映像内では「ライガークラッシュ」というツメ技を発動しており、やはり武闘家系統の技を覚えるのでしょうか?

全体を通して非常にダイナミックな動きを魅せているため、体を使ったド派手な技で戦闘を楽しませてくれそうです。



気高き女武闘家「マルティナ」

dragon-quest-11-occupation7

マルティナは、武闘家らしい身軽な服装をしていますがセクシーさよりも戦う女性としてのカッコよさを感じさせるキャラクターになっています。

映像やセリフの中から、戦闘に関して相当な自信と誇りを持っていることを伺わせます。

マルティナの職業は「武闘家」

マルティナも二つ名に冠する通り、武闘家であると考えられます。

また、デザイン画では薙刀のような武器を持っているため、今までの武闘家とは違い爪や素手以外での戦闘が可能になっているのかも知れません。

使用可能な特技など

「じごくからいかずちをよびよせた」と字幕の出ている映像があり、これは「ジゴスパーク」という技の字幕だと考えられます。

PVなどでは蹴りを主体として戦っていることから、「まわしげり」等の蹴り技を多く習得しそうな雰囲気もありますね。

現在までに判明している仲間は6人!

スクエアエニックスが発表している内容に加え、公式PVの上記画像シーンから考察いたしますと、冒険中に仲間になる人数は6人、主人公を加えた7人のパーティになると言われています。

戦闘時に全員出撃するのか、控えメンバーとして入れ替えが可能なのかは分かりませんが、7人パーティは歴代ドラクエシリーズでも中でも大所帯です。

実際に発売されてみれば、このメンバーに加えてクリア後の隠しキャラクターなどの存在もあり得るかもしれませんが、ストーリーは基本的にこの7人で攻略していくことになりそうですね。

気に入ったキャラクターや使ってみたい職業等の参考になっていれば幸いです。

ベロニカで魔法を使いまくり、モンスターたちを制圧していくのも面白そうですね。

またこれから発売日に向けて様々な情報が公開されていくのを楽しみに待ちましょう!