ドラゴンクエストシリーズを彩るキャラクターたち。

そこには、魅力的でかっこいい男性キャラクターから可憐で美しい女性キャラクターまで、様々なキャラクターがいます。

ドラクエ11にももちろん様々なキャラクターがいますが、ヒロインには、主人公同様多くの注目が集まるものではないでしょうか。

そこで、ここではドラクエ11のヒロインを、歴代ヒロインと一緒に見ていきましょう。



ドラクエ11のヒロイン

ドラクエ11では、主人公を含む7人で冒険をします。

その中の3人が女性で、3人が男性、もう1人は恐らく男性となかなか個性的な面子です。

ヒロインと呼べる3人の女性は、どんなキャラクターなのでしょうか。

セーニャ(ヒロイン)

dragon-quest-11-heroine008

おそらくメインのヒロインは見た目の容姿からセーニャになると思います。

性格はおっとりとした女性です。

主に回復を扱うキャラクターで、役割的には僧侶を担当します。

dragon-quest-11-heroine15

回復呪文の「ベホマラー」を唱えています。

dragon-quest-11-heroine16

今度はヤリによる一閃突き!

ベロニカ(サブヒロイン)

dragon-quest-11-heroine009

赤い服をまとった少女です。

筋を通すところは通す、芯の通った性格をしています。

攻撃魔法が得意で、主に炎や爆発といった呪文を駆使して戦います。

dragon-quest-11-heroine17

攻撃呪文の「ベギラゴン」を唱えています。

dragon-quest-11-heroine18

両手杖スキル「暴走魔法陣」で呪文ぼうそう率UP!

マルティナ(サブヒロイン)

dragon-quest-11-heroine010

ポニーテールの女性です。

戦いに信念を持っており、高い向上心を持っているようです。

職業は武闘家で、槍技や独特の体術をもって戦います。

dragon-quest-11-heroine19

ヤリスキルの特技「ジゴスパーク」で攻撃。

dragon-quest-11-heroine20

なんと、おいろけ攻撃の「セクシービーム」。

キャラ紹介【マルティナ】ピクシブで画像作成されるほど人気。

ドラクエ11のヒロインは誰がモデル?

11作品も続いていたシリーズなだけに、ある程度の共通点はあるかと思います。

例えば、女武闘家という面ではマルティナとアリーナが似ていますし、攻撃呪文を使い、テーマカラーが赤という面ではベロニカとムーンブルグの王女が似ているといえるでしょう。

とはいえ、モデルにしたといえるほど明確な類似点はありませんでした。

ただ、仲間キャラクターの1人である「カミュ」が「Ⅵ」の主人公と似ているという話はよく聞くので、もしかしたらパーティメンバーには過去作のキャラクターとの意外なつながりがあるかもしれませんね。



歴代ドラクエのヒロインたち

ドラクエシリーズには、たくさんの女性キャラクターが存在します。

その中でも印象的なのは、やはりパーティメンバーにいる女性たちでしょう。

誰がヒロインかというのは諸説あるかと思いますが、ここで紹介する女性たちは、いずれも物語の中で、基本的にはパーティメンバーとして大きな役割を果たした女性キャラクターたちです。

ローラ姫

dragon-quest-11-heroine007

記念すべき第一作目のヒロインです。

「Ⅰ」では主人公1人旅のため、厳密にはパーティメンバーではありませんが、後に主人公と結婚したことが語られています。

「そんなひどい……」によるループはもはや半分伝説と化しているでしょう。

ムーンブルクの王女

dragon-quest-11-heroine004

「Ⅱ」における紅一点のキャラクターです。

攻撃呪文を担当しており、史上はじめてイオナズンを使用できるキャラクターでもあります。

決まった名前はなく、いくつかの候補からランダムに名前がつけられます。

アリーナ

dragon-quest-11-heroine006

「Ⅳ」で、プレイヤーがはじめて動かすことができる女性キャラクターです。

武闘家という意味ではマルティナに似ていますが、こちらは己の肉体を駆使して闘います。

姫ながらも会心の一撃を連発する姿は、まさにお転婆そのものでした。

フローラ・ビアンカ・デボラ

dragon-quest-11-heroine011

「Ⅴ」で花嫁にすることができる3人の女性です。

デボラはリメイクで追加されたキャラクターですが、一定の人気を出しています。

3人の内誰を花嫁にするのかという論争はドラクエファンの中ではもはや定番だといえるでしょう。

バーバラ

仲間キャラクターの中ではかなり後半に仲間になるのですが、深く物語に関わっているキャラクターです。

大魔道士の末裔そして生まれ変わりであり、その証拠として大魔法「マダンテ」を習得します。

エンディング後や「黄金の竜」との関わりも含めて、度々議論を巻き起こすキャラクターです。

マリベル

「Ⅶ」におけるヒロインで、主人公の幼馴染として登場します。

キツイ物言いで煙たがられることも多いのですが、時折見せる少女らしい側面はまさにヒロインです。

当時存在しなかったツンデレという概念をうまく表したキャラクターともいえるでしょう。

ミーティア

呪いで馬の姿にされてしまった王女です。

近衛兵である主人公とは両想いの関係ですが、その成就は裏エンディングまで待つ必要があります。

その薄幸さと一途さから、戦闘に参加しないながらも人気のあるキャラクターです。

ヒロインまとめ

ドラクエ11のヒロインは誰なのかが明確になっていません。

仲間キャラからでしたら、女性キャラの3人の誰か。

それ以外でしたら、幼馴染の「エマ」の可能性もでてきます。

ヒロインが誰なのか公開されなくても、1人のキャラを自分だけのヒロインにしてもいいでしょう。