ドラゴンクエスト11の発売日は7月29日ですが、発売日と同時にロトゼタシアガイドの攻略本も発売します。

攻略本の利点と言えば、遠回りせずに短時間でエンディングを見ることができる。

また、取り逃しなどもないので素早くゲームを進めることができる。

などですよね。

発売前情報としまして、攻略本は「ロトゼタシアガイド」「公式ガイドブック」「超みちくさガイド」の3種類でることが判明しています。

今回は、予約特典を比較しつつ、各攻略本がどのような内容なのかということについて紹介していきます。



3種類の攻略本特典・発売日・値段を比較

特典 発売日 値段
ロトゼタシアガイド いのりのカード 7月29日 1296円(税込)
公式ガイドブック ラッキー鍛冶セット 8月29日 1728円(税込)
超みちくさガイド ミラクル冒険セット 9月28日 1512円(税込)

※公式ガイドブックおよび超みちくさガイドの2つをスクウェアエニックスで購入すると、「スキルのたね」が3つついてきます。

それぞれのアイテムについて紹介していきます。

ロトゼタシアガイド

dragon-quest-11-capture-book2

ゲームと同日発売するガイドブックです。

エンディング直前までのガイドとのことなので、いつものドラゴンクエストシリーズの攻略本の通り、「君の目で確かめろ!」の可能性が高いでしょう。

ですが、発売前の情報から448ページと書かれているので、尻切れトンボのような攻略本ではなく、ある程度しっかりとした攻略本であることが予想でき、メインストーリーを攻略するには十分な量の情報が乗っていることでしょう。

いのりのカード

いのりのカードは、今回のドラクエ11で初登場したアイテムです。

恐らくアクセサリーアイテムで装備していればターンごとにMPが回復していくようです過去作のアイテム「いのりのゆびわ」を、回数制限とわざわざ使う手間をなくした代わりに少しずつしか回復できなくなった、という感じでしょうか。

ドラゴンクエストシリーズではMPを回復する手段は限られているので、何もせずともMPを回復してくれるこのカードはとても頼りになることでしょう。

特にダンジョンなどを探索する際には欠かせないものになりそうです。

公式ガイドブック

dragon-quest-11-capture-book3

発売日から1ヵ月後の発売で、「エンディング後の冒険までしっかり導きます」との文言が。

エンディング後の冒険といえば、「Ⅲ」での「しんりゅう」戦や、「Ⅷ」での竜神王編など、やりこみ要素の強い冒険が想像できます。

ドラゴンクエスト11をしっかりやりつくしたい人向けの攻略本だといえそうですね。

ボリューム的には、1ヶ月後の発売ということもあいまって、かなりの量が期待できます。

過去の攻略本では装備の書き下ろしなどがありました。

値段から考えれば、やりこみ用の本としても、読み物としても面白い重厚な内容の攻略本が予想できます。

ラッキー鍛冶セット(だいしんかのひせき+ラッキーベスト)

だいしんかのひせきは、錬金装備をさらに強化するために必要な強化素材です。

これを使うことで、装備をより強化させることができます。

ラッキーベストはアイテムのドロップ率を上昇させる装備のようです。

アイテムの中にはモンスターが落とすことでしか入手できないものもあり、それを狙うやりこみプレイヤー向けの装備といったところでしょうか。

ラッキーベストで錬金元のアイテムを入手、「だいしんかのひせき」で強化……という流れを狙ったセットですね。

つまり、攻略本を用いて狙うべきアイテムを持ったモンスターを特定し、そしてラッキーベストを装備して倒して狙ってください、というメッセージを感じます。

上述したいのりのカードよりも、よりやりこみプレイヤー、極めたいプレイヤー向けのセットのような気がしますね。

超みちくさガイド

dragon-quest-11-capture-book4

こちらは攻略本ではなく、恐らくちょっとした「面白い小ネタ集」のような扱いです。

本編発売から2ヶ月後の発売ということで、かなりマニアックな情報が集っていること間違いなしでしょう。

過去シリーズですと、「あるきかた」シリーズや「アルティマニア」シリーズなどの、超やりこみ要素などが詰まった一冊かもしれませんね。

とはいえ、あえて名前を変えていることから少々違った方面でドラクエ11の世界を検証していく本とも取れそうです。

2ヶ月も経てば忙しい方々も本編をクリアした頃かと思いますので、本編を思い返しながら読み、そしてもう一度プレイしたくなるようなものに仕上がっていることが間違いなしです。

ミラクル冒険セット

冒険に様々な奇跡を呼び起こすセットとのことですが、詳細は不明です。

もしかしたら、普段のプレイでは考えられないようなキャラクターが仲間になったり、面白いビジュアルが解禁されたりするものかもしれません。

発売する時期が本編発売の2ヶ月後なので、もしかしたら、デバックツールの類かもしれませんね。

スキルのたね

スキルのたねは、「Ⅷ」で初登場したアイテムです。

これを使うことでスキルポイントを入手することが出来、レベルをあげなくても特技や呪文を覚えることが可能でした。

全ての特技・呪文をコンプリートしたいやりこみプレイヤーにも、普通に進めたいプレイヤーにも嬉しいアイテムですね。

特典はそれぞれ2年間有効だそうなので、後から欲しくなっても大丈夫そうですね。



予約するならアマゾンがおすすめ

3冊の攻略本はいずれも予約がはじまっています。

「ロトゼタシアガイド」をソフトと同時購入するのであれば、やはりアマゾンがオススメです。

というのも、アマゾンと一緒に予約すればソフトと同日に届き、攻略本と一緒にゲームを始めることができるからです。

また、アマゾンなら時間指定宅配も可能ですので、帰宅時間に併せて時間指定をし、すぐにゲームを始めることが可能です。

他の2冊は書店に出回るのが早くなりそうですので、書店購入を検討するのが良さそうです。

近くに書店がない場合や忙しい方は、アマゾンで購入するのが早いですし楽ですね。

なお、プライムに加入しておけば素早く届けてくれるサービスなども存在するため、もしも余裕があるのならプライムに加入するのも1つの手ではないでしょうか。