ドラクエ11には、今やドラクエシリーズで恒例の存在となったカジノで遊ぶことが出来ます。

ここでは、現実のカジノにあるようなスロット、ルーレット、ポーカーといったもので遊戯することが出来るのです。

そして、今回のドラクエ11のカジノではジャックポットというシステムが導入されています。

このシステムはスロットで「7」を横一列全て揃えたり、ルーレットで宝箱に入ったりすると、「ジャックポット」となって、大量のコインを入手することが可能なのです。

さて、このジャックポットですが、実はクエストで当てなければならない場面があります。

グロッタの町二回にいる「金持ち」から受けられるクエストですが、ここで頭を悩ませたという人も結構いるのではないでしょうか。

そこで、ここではルーレットとスロットにおいて、確実にジャックポットを出せる方法を紹介したいと思います。



スロットでジャックポットを当てる方法

スロットでジャックポットを当てるには、横一列全てに「7」を揃える必要があります。

PS4版の人はややこしいかもしれませんが、「マジスロ」ではなく「スロット」で当てなければジャックポットにはなりません。

さて、このスロット、一見運ゲーに見えるかもしれませんが、実は必勝法が存在します。

それに必須なのが、ソルティコの町にいるピンク色の服をしたバニー。

彼女に話しかけると、そのときのスロットの調子を教えてくれます。

なぜ彼女がスロットの調子がわかるのかは謎ですが、カジノに来たら、とりあえず彼女に話しかけましょう。

ちなみに、彼女が教えてくれるのは100コイン台の一番左の調子のみ。

スロットをするときは、必ず一番左の台を利用するようにしましょう。

そして、彼女の台詞が「あっ! ビビっと来ちゃったわ!高確率で ジャックポット当選者が出そうなそんな予感が するわね!」に変わったときが狙い目です。

100コイン台の一番左に移動し、ひたすら決定ボタンを連打しましょう。

すると、ジャックポットに高確率で遭遇することが出来ます。

なお、カジノに入った時点でオートセーブされるため、万が一ジャックポットに入らなくてもオートセーブからやり直せばもう一度チャレンジすることが可能です。

なお、バニーの台詞はゲーム内の日付ごとに設定されているようなので、宿屋に泊まったりすれば件の台詞が出るまでチャレンジを続けることが出来ます。

ちなみに、噂では○ボタンを連打すると「メタルチェンジ」という高確率当選モードに突入しやすいです。

この噂に根拠はありませんが、筆者自身が○ボタン連打で当選したので、もしかしたら効果はあるかもしれません。

ただし、元手はある程度必要です。

筆者は15万コインほど用意しておきました。

もし元手がそれほどない状態でジャックポットを狙うのであれば、出来るだけ上述したバニーの台詞を見てからチャレンジしたいところですね。

ルーレットでジャックポットを当てる方法

ルーレットでジャックポットを当てるのは、それほど難しいことではありません。

一点賭けかつ矢印の場所で当選すれば、「ジャックポット」となり、無事最高額のコインを入手することが可能です。

ではこのルーレット、どのようにすれば宝箱に当たるのでしょうか。

方法は複数ありますが、いずれにしても多少の元手は必要です。

まず、大前提として、グロッタの町のルーレットスペース、大量にコインの入っているカプセル前にいるバニーに話しかけましょう。

緑色の服を着ているので、すぐにわかるはずです。

彼女に話しかけると、スロットのように「ジャックポットが出るかどうか」を判断してくれます。

このときの台詞が、「ジャックポットが出る気がする」であるのなら、宝箱の場所に賭けて待ちましょう。

いずれ、ジャックポットが出るはずです。

ただしこの方法ですと、コインと所持金が段々減っていくので思ったよりも元手が必要になります。

また、バニーの台詞もなかなか変わらないので、結構根気のいる作業が待っています。

そんな作業をする時間がない、もしくはしたくないという人は、以下の方法を試してみてください。

その1:全ての場所にコインをBETする

ドラクエ11におけるルーレットの仕様では、全ての場所にコインをBETすることができます。

つまり、並んでいる番号全てにコインをかけるのです。

宝箱を含むと、37箇所の場所がありますが、ここ全てにコインを賭けるとジャックポットになります。

ただ、この方法ですと1回につき少しずつコインが減っていきますが、そこには目を瞑りましょう。

ある程度の元手があれば、いずれはジャックポットに入るはずです。

その2:統計データをもとに狙う場所を決める

画面下部には、過去10回の統計データが表示されています。

ここをよく見ると、2回ないしは3回入っている場所があるはずです。

そこに一点賭けをしてみましょう。

すると、次の10回のうち、1回は必ず当たります。

ジャックポットの確率も高いうえにコインの消費も安く済むでしょう。

ただし、この方法は一点賭けを度々行うため、運の要素に大きく左右されます。

作業のようにジャックポットを狙うのならオススメではありませんが、1回ごとに多少の熱力を持つことができるので、ルーレットが好きな方にはかなりオススメできる方法です。



ジャックポットを狙うならどっちが楽?

ジャックポットだけを狙うのであれば、スロットのほうが楽です。

というのも、ルーレットは1回ごとに演出が入るので試行回数が多くなりがちで、かつ、バニーの情報をリセットするのが面倒だからです。

一方のスロットは、宿屋が近くにあるのでバニーの情報をリセットするのがそれほど難しくなく、さらに操作も決定ボタンを連打するだけで済みます。

3DS版であれば、家事などをしながら決定ボタンを連打することもできるでしょうし、PS4版であれば連打コントローラーで放置するだけでジャックポットを期待することが出来ます。

しかしながら、スロットの欄でも述べたように、スロットでジャックポットを狙うためにはある程度の元手が必要です。

いくらの元手が必要なのかは運次第ですが、バニーが好感触だといっているわりには当たりまで長い間待たされるということも多々あります。

一方のルーレットは、作業的にジャックポットを狙うことになるので、「今の元手で何回試行できるか?」と考えることが出来ます。

そのため、もし少ない元手でジャックポットを当てたいのであれば、ルーレットがおすすめです。

それほどコインを持っていなくとも、1コインずつ全てに賭ければいずれジャックポットにありつけます。

集めたコインの使い先は? カジノ攻略のまとめ

まとめると、どちらでジャックポットを狙うにせよ、バニーの台詞が重要な鍵です。

もちろん、バニーの台詞が該当のものでなくともジャックポットが当たるときはありますが、カジノに入り浸る時間を短くしたければバニーの台詞を聞いてからのほうが無難でしょう。

その後はスロットであれば○ボタン連打、ルーレットであれば全ての面に一点賭けをして待ち続けるのがベストです。

入らないときは入らないので、とにかく待ちましょう。

なお、手に入れたコインはグリンガムの鞭に使うのがいいと思います。

グリンガムの鞭は不思議な鍛冶による強化で、最強の鞭に生まれ変わるからです。

もちろん、ほかにも魅力的な景品がたくさんあるので、ジャックポットでコインを大量に稼いだのなら、自分のパーティを見つめなおしながら何と交換するのか、悩んでみてもいいかもしれませんね。